AlvisGroup’s Information

福岡市中央区赤坂 総合コンサルティング会社のAlvis(アルヴィス)Groupのブログです。経営・税務・労務・社会保障の情報発信をしてまいります。

就職氷河期世代対象の特定求職者雇用開発助成金 新設

 
 2020年2月14日より特定求職者雇用開発助成金安定雇用実現コースの要件の見直しが行われ、就職氷河期世代安定雇用実現コースが新設されました。

対象労働者の雇用を検討されている場合は、助成金の検討もされるとよろしいかと思います。

助成の趣旨

 この助成金は、いわゆる就職氷河期に就職の機会を逃したこと等により十分なキャリア形成がなされず、正規雇用労働者としての就業が困難な方を支援し、その就職を促進するため、対象者を正規雇用労働者として雇い入れる事業主に対して支給されるものです。 

厚生労働省リーフレットより)

 支給要件(一部抜粋)

対象労働者(以下のすべてを満たす方)

  • 雇入日満年齢が35歳以上60歳未満の方
  • 正規雇用労働者として雇用された期間を通算した期間1年以下である方
  • 雇入日前日から起算して、過去1年間に正規雇用労働者として雇用されたことがない方
  • ハローワークまたは民間の職業紹介事業者などの紹介の時点で失業状態にある方
  • 正規雇用労働者として雇用されることを希望している方

対象事業主>(以下のすべてを満たす事業主)

  • 雇用保険の適用事業主であること
  • 対象労働者をハローワークなどの紹介によって正規雇用労働者として、かつ雇用保険の一般被保険者として、雇用することが確実であると認められること。
  • 対象労働者の雇用管理に関する事項を管轄労働局長に報告すること
  • 対象労働者の雇入日の前後6ヶ月間(以下「基準期間」)に、事業主都合による従業員の解雇(勧奨退職を含む)をしていないこと
  • 基準期間に、倒産や解雇など特定受給資格者となる離職理由で離職した被保険者数が、対象労働者の雇入日における被保険者数の6%を超えていないこと。
  • 対象労働者の出勤状況や賃金の支払い状況などを明らかにする書類を整備・保管していること(労働者名簿、賃金台帳、出勤簿など)

参考リンク

厚生労働省 リーフレット